2012年03月29日

意思の力

整体にお世話になり始めたのは23歳くらいの頃からだったでしょうか。
結局30代、そして出産の時まで整体にはお世話になりっぱなしです。

実は私の従姉妹は野口整体の整体師です。
昔から(九州の実家にいる頃は)、なにかあるとよく診てもらいました。
もう成人してましたが、背中が痛くて診てもらった時、
「あなた、自分を抑え込みすぎ。自分の本当にやりたいことが
出来てないでしょ?」と言われて図星だったから
「なんでわかるの?」ってびっくりして尋ねました。

「わかるよ。結局心の問題が体に影響するのだし、そういう些細な
ことも体というのは反応して知らせてくれる。それを
見つけ出して根本から解決できるよう助けるのが
私たちの仕事だから。体と心は一つなの。」


というような内容の返事を受けました。

まあ、もちろん食習慣とか事故など明らかに外的な要因の病気は
例外ですけどね。

その後、私は親が反対するから出来ない、と思ってずっと諦めていたことを
3つ成し遂げることができました。
意思の力って大きいです。

流産後、帰省した時にも従姉妹に体の状態がどうなっているのか診てもらいました。
右側の骨盤が開いているとのこと。
あと、首の頚椎もまだ少しずれてると言われました。
子宮の状態が整うまであと少しかかるかな、とのことでした。


********************************************************
2006年11月の記録より

私は不妊治療をしないと決めていました。敏感体質の
私にとって薬は内臓に大きなダメージを与える存在です。
回復するまでも時間がかかるし、それまでの体調不良はかなりつらいものです。
それで大きなリスクを負ってまで急いだ妊娠を望んではいなかったのです・・・。
夫は私に面と向かって「赤ちゃんが早く欲しい」ということは
絶対にありません。ただあることがきっかけで彼が本当に
子供を早く欲しいと思っていることに気づいて、
「薬の影響が・・・」なんて甘えたことを言ってる場合じゃないなって
考え直すようになりました。
もちろん夫は私がこんな風に考えていることを知ったら
焦る必要はないと諭すでしょうけど・・・。
時々夫の優しさが痛いです・・・。

従姉妹にも施術の後で
「かよちゃん、本当にあなた、赤ちゃん欲しいと思ってる?
愛しくて仕方がないと思ってる?」と聞かれました。
「思ってるけど・・・。」
やぶからぼうになんだろう??って困惑している私に
「赤ちゃんを産むっていうのは命を削るってことなの。
自分の命を削られてでも赤ちゃんを産みたいっていう気持ち、あるの?」
って聞かれて
「あるよ・・・。」と答えたものの、自分の気持ちが確固として
ゆるぎないものではないと気がついた。
確固としていれば
「私は薬に弱いからな~。できれば不妊治療は避けたい。」
とか思わないだろう・・・。
私にはまだまだ強い意志がないと思い知りました。

新婚の延長線上の生活にどこか満足しているところがあるのかも
しれません。


*************************************************************

ということを書いていました。
最初の妊娠で流産するかもしれないと宣告された時、
自分の寿命が短くなってもいいからこの子の命を奪わないでください!と
ひたすら祈り続けた日々。
そのときは自分の命が削られてもいいと思ったのだけど、
不意に受けた質問にたじろぐあたり、この頃はまだ
根性すわってなかったんですね。
術後は全身麻酔の影響で半年くらいものすごく不調で、これ以上の
負荷をかける自信がなかったのです。

まあ、それでもその後、最終的には結局新宿のクリニックに行ったり、
不妊治療のために病院の門をくぐるようになったわけです。
私の気持ちは「本当に子供が欲しい」、だからこそ何とかこの状況を打破して
「妊娠して子供を産みたい」というはっきりした強い意思を持つように
なっていました。

結果、体外受精はしないことになったし、不妊治療にトライしても私の体は
受けつけなかったわけですが、「行動を起こした」ことが次へのステップへと
つながったのだと思います。
実際のところ、体に薬を入れなかったことは正解だったと思います。

表現が難しいですけど、執着としての願望はなくなり、
もし自分に出来なくても「子供が欲しい」という気持ち・・・・。
子供が欲しい、というところから母親になりたいという願望まで
引き上げられたというか。
子供を授かるということが養子縁組という形でもよいと考えられるように
なってきていました。
この気持ちが自分の中核にどーんと根付いたことで、
私の考え方はずいぶんとポジティブになったと思います。
その気持ちが心身ともにいい状態へと導いた気がします。
意思の力はまわりも自分も変えていくのだと、うっすら感じ始めたころでした。

次へのステップへはまた次回の記事で。


posted by otonomi at 19:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

自分の体を知る

自律神経失調症、と整体の先生に言われるまで
自分がそうだとはまったく自覚がなかった私。

本当にその頃はしょっちゅう具合が悪かったです。
仕事もフルタイムがもう限界で、パートに切り替えて
月8日間しか出てなかったのに、それでも具合が
悪かったのはそういう状態だったからとあとで理解しました。

自分の体を維持するのが精一杯の状態と先生に言われました。
入院するほどの病気ってわけでもないけど、ストレスやら
疲労が蓄積している、無理をしているなどで体調が
いまいち優れないけれど、子供を希望されている方は
まず妊娠することより自分の体を元気にする、健康な状態に
戻すことに集中したほうがいいと思います。

*****************************************************
当時の記事抜粋

整体の先生曰く、イメージトレーニングって大切らしい。
こうなりたいなっていう気持ちは必ず体にも出てくるそうだ。
スポーツ選手も最終的にはメンタルだって言ってました。
「自分は必ず勝つ!」っていう気持ちだそうです。
だからこんな風に老いていくんだ・・・なんてことを考えてる
と本当に体はそっちの方向にむかっていって、どんどん
老けていくそうです。(確かに。)だから「子供できないかも・・・。」
なんてことも考えないようにしなくちゃ。
最終的に出来なかったら出来なかったでそれは天命だとして、
最初から自分でマイナスイメージしちゃいけないですよね。
出来ると信じる!!


*********************************************************************

そうなんです。本当にこれ大事。
いや、もちろん「もう自分にはできないんだ」とか諦めモードに
なったことは何度もあるんです。
その時にある人の言葉が最後まで私を支えてくれて、絶対に出来ると
最後の最後まで諦めずに済みました。
そのことはまた次回の記事で。


ところで何ヶ月も寝たきり生活してたら代謝が落ちてしまい、
ある日お風呂の鏡で自分の後ろ姿をみたら、なんとまあ、ぞうさん?!って
くらいのセルライトがお尻から太ももにかけてびっしり。
もう驚愕でした。((((;゚Д゚))))

それから水をよく飲むようにして、市の体育館の室内プールでビート板を
つかって下半身だけで泳ぐメニューをこなしていたらいつの間にか
消えました。
しかしお腹の肉は簡単には落ちてくれません・・・。(-_-;)
脂肪があろうがなかろうが子供の出来る人にはどうでもいい話ですが、
出来にくい体質の場合、脂肪は体を冷やすものなので、お腹や腰周りに
肉があるとそれだけでリスクだと思います。
私なんて冷え症なので、なおさらです。
出来る限り落としていきましょう。
これはやはり腹筋じゃないと落ちなかったです、私の場合。
出産の時にも腹筋は重要なのですから頑張りましょう!!
(と、産後のゆるゆるのお腹を抱えた自分にも活を入れます!!)

しかし水泳は女性の場合、かえって脂肪がつくらしいのでセルライトが
取れたら早々にやめました。

そんなこんなでぎっくり首になってから7ヶ月後。

********************************************************
2005年11月の記録

土曜日は整体に行ってきた。
「会うたびに若返っていくね!」、と先生にも驚かれている。
今の肉体年齢は29歳くらいだ、と言われやっと実年齢を超えた!!と大喜び。
最初に50〜60代の体だよ、と言われた日から7ヶ月。
先月からさらに1㎏落ちたので体も楽になった。
骨盤もほとんど正常に戻ってるからそろそろ出来ても
おかしくないよと言われた。


***********************************************************

と、いうことで12月に整体を受けた時にはもう妊娠できるよという
お墨付きも頂いておりました。

で、本当に1月に妊娠したのです。
ただ、残念ながら私の場合はそれが「胞状奇胎」という病状による流産という
結果を迎えてしまったのですが。

その時36歳を過ぎたばかりの頃でした。
そのくらいの年齢なら代謝をあげる、骨盤を正常に戻す、と
いうことで体を元気はつらつな状態に持って行くだけでも可能性は
高くなるかもしれません。
プラス、イメトレですね。

あ、でもこの場合、先生は重要です。鍼灸でも漢方でもかまいませんが、
実績のある先生を探してください。
私が診てもらった先生は、施術でたくさんの不妊の人がおめでたに
なったのを見てきてるので、どういう体の状態であれば妊娠しやすいか
というのを熟知してらっしゃいました。
なにしろ、自分の体を客観的に判断できる人が必要なのです。

そして自分の体と心を知ることです。
あなたは今どういう状態か自分で理解してますか?
心身ともに常に健康ですか?

自分の体は常に不調、もしくはよく体調崩す、風邪をひきやすい、
など、マイナスポジションにいるならば、まずは自分を
整えましょう。
自分の体をまわすのにいっぱいっぱいの状態だと
体も妊娠モードに入れません。


私もどういう体であればいいのかを整体を受け続けたおかげで
感覚と知識で理解できるようになっていきました。
それで息子の妊娠の時には整体なしでも自分で
いい状態に持っていけたのだと思います。

私の場合は整体が自分の体を根本的に改善するために役立ちましたが、
鍼灸や漢方でも自分に合っていればいいのだと思います。
(って言っても漢方は副作用があることをお忘れなく。)
私は鍼灸も漢方も試しましたが、妊娠にまでは至りませんでした。

まだ30代半ばくらいなら20代の体にも持っていきやすいと思います。
20代がすでに不調だった方は自分が一番元気だった時代の頃を
思い出してその状態に持っていくことです。

そのためには食事も運動も重要です。

食事はかなり大事なので、また別の機会に大幅に時間を割いて
書いていくつもりです。


整体の話が続くのでしばしお待ちを。




posted by otonomi at 20:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

整体の先生との出会い

試したものが20以上あるので、どれから書いたものやら・・・と
迷いましたが、とりあえずこのブログは私の記録でもあるので、
古いものから時系列に書いていくようにします。

先日PC内にある写真の整理をしていたら
結婚のためのインビテーションカード用に撮った写真が
出てきました。2003年のクリスマスに撮ったものです。

どの写真みても私、猫背です。(=_=)

しかも結婚してから最初の数年は何回もこの写真見てましたが、
まったく気が付きませんでした。
最近見たとき、すごい猫背・・・。なんでこんな姿勢悪いんだろう・・・って
思ったんですが、この記事書くに当たって過去のブログの記録を
確認した時、わかりました。


もうすでに私の背骨はかなり曲がってたんですね・・・。

記録を要約してみました。

**********************************************************************

2005年3月末の出来事。

出勤で朝、電車に乗って広告を見上げた瞬間に、「・・・・え!?」 
首が動かない。まるでぎっくり腰ならぬぎっくり首。
動かぬ首に四苦八苦しながらも痛みを逃すために変な姿勢で仕事をしました。
このままではかなりやばいと思ったけど、病院に行っても
またもや原因不明で痛み止めと湿布しかもらえないことは
わかっていました。(以前にも同じような症状があり、病院に行ったことが
あったのでした。)
同じ職場の同僚に上手な整体師がいると教えてもらったので
翌日にでも連絡しようと思っていたら、その日の夜からまったく首が
動かせない。先生もスケジュールいっぱいだったけど、緊急ってことで
予定の仕事終わった後夜中近くから診てもらいにいきました。
車の振動でも痛みが走るので夫に後部座席からコルセットがわりに
頭をずっと支えてもらいながら移動しました。

首の第二頚椎がずれていて、背骨も曲がってて、
こんなにひどい患者さんは久しぶりだよ!
と先生にも驚かれました。
たしかにその頃はすぐに首が痛くなるし、まっすぐ座るのも
しんどいとは思ってはいたのですが・・・。
結局仕事は退職。専業主婦と化す・・・っていうか1ヶ月は
寝たきり老人ならぬ寝たきり主婦になってしまいました。


*******************************************************************


先生曰く、「気力で頑張る人ほど危ない」そうです。
体はサインを出しているのに、精神力でカバーする人。
そういう人は、若い時はなんとか持っても、年取ったら大病しやすい
とのことです。
皆さんもご注意ください・・・。

つまり私の場合は自律神経失調症になってるのに、
気力で頑張ってたので吐き気もつわりと勘違いしていたのでした。
このまま行ったら50代で大病しちゃうよ、と言われ。
というか、私のその時の体、60代って言われました・・・。


それでも「体調さえ戻ればすぐにでも妊娠すると思うよ」、という
先生の言葉に希望を持って、それまでの生活を反省し、今後
生かしていこうと思いました。

この経験はかなり大変なものでしたが、そこからずいぶん
健康や体質改善に取り組むことになったので
「危機を機会とする」という言葉を胸にいろんな努力を
するようにはなりました。

正常な人なら3ヶ月~半年で回復すると言われました。
本当に半年は病人でした。
首を治してもらったことで、体が素の状態にリセットされたらしく
朝はぐったり、夕方から回復、夜が一番調子がいい、
でも調子がいいからと動き回るとまたぐったり。

という繰り返しでした。夫の朝ごはんも弁当も作れず、
布団からバイバイと見送る日々。

怠け者の権化みたいで自分が嫌で嫌でたまりませんでした。

でもどうしようもない。体が休めって言ってるんだから
素直に従えという先生と夫。

そう、素直ってすごく大切なんですよね・・・。
私は頑固で強情な性格だったので(過去形にしていいのか?(笑))
「素直になる」っていうのが本当の意味で理解出来てなかったというか
未だに課題ですが、今の状態を自然に受け止めるってことが
大切なんですよね。
以前書いたようにニュートラルな自分になるってこと。
これは私の最初から最後まで続いたレッスンでした。
多分、一生の課題かも・・・。

話は戻り、整体を受け始めて丸3ヶ月が経ち、
「今は10歳若くなって40代の体だよ。」と先生が褒めてくれた。
しかしその時私は35歳。(-_-;)

「20代の体になれば最高だね!」

って言われたけど、高齢出産ゾーンにいる皆さん。
ここ重要です!!

年齢は変えられませんが、肉体年齢は変えられます

私は他力本願的に整体で20代の体に戻せるなら戻っていただきたい
と思ってましたが、やはり総合的な努力なしにはそこには
到達できません。
このことはまた先々に詳しく書きたいと思います。

最終的は整体ではなく、自力で20代の体に持っていきました。
それは妊娠しやすい体に近づく鍵でもありました。

整体師のH先生とはすっかり疎遠になってしまいましたが、
この先生との出会いは(直接妊娠へのきっかけとはなりませんでしたが)、
独自の不妊治療を展開するにあたり、重要なものでありました。
いろんな面で私に知識をもたらし、元気を与えてくれました。

先生から学んだことをシェアしていきたいと思います。
それはまた次回の記事で。









posted by otonomi at 15:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。