2012年04月08日

気功

毎年、1月3日には夫の会社の社長宅で新年会が催されます。
家族ぐるみのおつきあいを大切にする社長なので、私も一緒に呼ばれます。
2009年1月3日。
この頃、私はピークに自信を失っていました。

女性として価値がない。
生きている目的がわからない。
私の結婚に意味はあるのか?



ブレスワークで言われた
「脱皮する」という意味がわからない。


そういう気持ちでいたのが伝わったのかなんなのかいまだにわかりませんが、
参加していた別のお客さんの男女二人と話をしていたところ、
男性の方はお酒が入ってたせいか、
「いや、奥さんが独身だったらね~、ホント、僕が嫁にしたかったです。」
などと言い出して。
彼は前年、会社のシンガポール旅行に私も便乗した際に参加していた人Jさんで、
そこで初めて知り合いました。
その時カメラ担当をされていたのと、とても人懐こい方だったので、
私も話しやすい人だなとは思っていました。

「タイプだったんですよ~。本当に残念でね~~。
もし旦那さんと別れるようなことがあればその時は是非!」

と、本気かどうかわかりませんが、そのようなことを繰り返し言われて
なんと返答していいのか困っていると、一緒にいた女性の方も

「私も男だったらあなたみたいな人を奥さんにしたいわ~~~。」と
言い出して。この方は前年の新年会でお会いした女性Kさん。

「二人とも冗談はやめてください~~。」
と恐縮すると
「嘘じゃないって!ホントにそう思ってるんだって!!」
と二人声を揃えて強気なお答えが。

まるで二人は私の心の状態を察知して、そういう言葉をかけてあげなければならないと
感じ取っているようにさえ思えたほどでした。
ひょっとしたら見守っていた先祖の方々が彼らの口を借りて、
慰めの言葉を与えてくれたんじゃないかと思うほどです。

しかし、どん底に落ち込んでいたところ、そういう言葉を言われると
お世辞とわかっていても悪い気はしません。
今となってはそんなことを言った記憶はお二人には全くないでしょうが、
その時自信喪失の真っただ中にいた私としては心底慰められたのでした。
言葉は鋭い剣にもなれば甘い蜜のようにもなります。
二人の言葉は私の心の傷をそっと優しく撫でてくれたのでした。
なのでいまだにその時のことは忘れることがありません。

流れで年末にブレスワークに行った話になりました。
そして子供がなかなか出来ないのがどうしてなのか・・・・と
少し愚痴ってしまったところ、Jさんが
「ちょっと診てあげましょうか?」と言い出しました。

「え???」
と驚いていると
「気功、出来るんです。」
と言うのです。
もうなんだったか忘れましたが、なにか資格みたいなものを
持っていたような気がします。名刺に肩書きがありました。

この際、なんでもいいからはっきりとした原因を知りたい私は
「お願いします。」と頭をさげました。

「立ってください。」と言われたので彼の前に立ちました。
彼もさきほどの酔った気さくな雰囲気は瞬時にしてなくなり、真剣な面持ちに変わりました。
私の頭から足先まで手をかざしてオーラを撫でる感じで行き来するだけで体には触れません。

「うん、ここで気が止まってます。」

と、お腹のあたりで手を止めました。

チャクラ整体で言われた弱いところの二番です。
もちろん、そんなことは彼には話していません。

「ちょっと待ってくださいね。気を下ろしていきます。」

と言って、お腹あたりで止まっていた手を何度も下へ降ろしていきました。

なんとなく私もお腹の気が下に降りていくのを感じました。
何度か繰り返し同じ動作をして、時々首をかしげてまた降ろします。
そしてやめました。

おへそあたりで止まっていた気を下腹部あたりまで持ってきたけど、
ここから先がどうしても降りない。これはあなた自身にしか出来ない。
自分が止めてしまっている。
ここを突き抜けることさえ出来れば、絶対妊娠しますよ。


と言われました。
ブレスワークで言われた「脱皮」と同じこと言われている・・・と驚きました。
もちろんそこで言われたこともJさんには全く言っていません。
一体なんなんだろう・・・・!!
彼らはなんだか分かっているようで、私だけが分かっていないような。

何が止まっているの?脱皮ってなんなの???
結局私の精神的な問題っていうこと・・・????

そういう抽象的な提示をされてもわからない!
もっとハッキリした答えを教えてほしい!!


と、私はそれが一体なんなのか、ずっと考える羽目になりました。
迷路をずっと歩いているような気分です。

けれども2月、ある人との出会いから止まっていたものが動き出し、
私なりの方程式が生まれてその答えへと導かれていったのでした。



posted by otonomi at 06:49| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先がぜひ、読みたいです(^-^)/
Posted by JODI at 2012年06月28日 21:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。