2012年03月21日

通院履歴 その4(最終回)

西洋医学での治療は完全に遮断されました。
体外受精までチャレンジしてダメなら諦めもつく。
でもスタート地点にたってフライングだったから失格、みたいなそういう終わり方は
中途半端でただ自分の落ち度のせいだと言われているようで辛く感じました。
やりようのない怒りはいつしか自分自身に矛先が向いていました。

女性として欠陥品。
私は不良品。
すべてが私のせい。


どのくらいの回数この言葉で自分自身をなじり、傷つけたことだろう。

この時の私は、それが神様を冒涜している言葉だとも気が付きませんでした。
本当に神様にも自分に対しても恥ずかしいことです。
ですが、この言葉の呪縛で私は「もう離婚したほうがいい」とまで
精神的に追い詰められていました。
夫は若くてまわりの友達も同年代でどんどん子供が出来ていく。
子煩悩で結婚前から子供はたくさん欲しいと言っていたし、
名前もいろいろ考えていた夫。
同じ世代の若い女の子さえ奥さんにもらっていたなら、
こんな未来じゃなかったはずなのに。
それを考えると苦しくて苦しくて、逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

「子どもが欲しくてあなたと結婚したんじゃない。」
流産した前だったか後だったか覚えてませんが、
夫がそう言ってくれたことがありました。
けれども、もうそんな言葉すら励みにならないほどの辛苦に苛まれていました。

いま振り返ると自分のことしか考えてなかったんだなと恥ずかしくなります。
相手のことを思っているようで、実はそうではなかった。
子供の出来ない自分に対峙出来ず、その現実を受け入れることが出来ず、
自分自身を愛することが出来なかった。
それが自分を追い詰めていた原因でした。

しかしその壁を乗り越えることが出来た時、
私の目の前には新しい風景が見えました。

けれども私は唯一無二の存在であり、女性として価値があり、
子どもの有無に関わらず尊い存在であり、生きる喜びがある、という地点まで
到達するのにはずいぶん時間がかかりました。

このクロミッドテストでの通院は2008年の夏のことでした。
漢方治療に入ったのは同じ年の秋。

しかし私はそれよりもずっと前に漢方治療の経験があります。
冷え症が原因じゃないかと思った私は結婚して一年経って
病院で「不妊と言えない」と言われた後、改善策として漢方薬局を訪ねます。
そこで婦宝当帰膠を勧められて何本か飲み続けました。
たしかに調子は良い感じがしました。
ですが妊娠には至りませんでした。

2005年の夏だったと思いますが、もう少し本格的な漢方薬局を
訪ねました。
私は血管が細いため、循環器が弱いと言われ
血管拡張剤に相当する漢方薬を処方されました。
これがどうも私にはダメなようで、胸が苦しくなるのです。
妊娠も血液が増量されるので、血管が通常より自然に太くなるんじゃないかなと
思います。つわりに似た症状があったのは多分このせいではないかと
推測しています。

そして今回の漢方治療。
やはり冷えを解消することを重点において処方されたせいか、
食べ物でいえば生姜や唐辛子みたいに体を温める漢方を処方されました。
最初のうちはよかったのですが、1ヶ月以上経つと下痢をするようになりました。
そしてお尻がものすごく痛いのです。
火がついたような痛みです。
それが漢方による副作用だと気がつくのにちょっと時間がかかりました。
舌に唐辛子を塗ればヒリヒリします。
そういう状態が胃腸に起きていました。
2ヵ月くらい服用したでしょうか。
もう定かではありませんが、そこらへんからまたバイオリズムが崩れ始めました。
まあ、胃腸をやられたらかなり体調に影響を及ぼします。

もちろん夫には「ほら、言っただろう(ー_ー)!!言うこと聞かないんだから。」
と痛い一言が飛んできました・・・。

ようやく夫の言葉を理解した私でした・・・。

あと3週間分くらいだったか、まだたくさんある漢方薬はそれから
結局使われることなく、しばらく未練がましく置いてましたが、
ゴミと化して処分されることになりました。

東洋医学でもダメなのか。

西洋医学がダメなら東洋医学で!と、どこまでも希望を捨てなかった私でしたが、
さすがに体が拒絶反応しているものを続けるわけにもいかず、もうこれ以上は
道がないと思いました。


そしてそれから息子を妊娠するまでの間、
二度と病院の門をくぐることはありませんでした。

しかし病院に通院している間、私は多角的に治療しようといろいろ
試したことがあります。

次回はそのことを書きたいと思います。




posted by otonomi at 23:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

通院履歴 その3

誰かにクレームつけられたわけではないのですが。

一つ言って起きたいことは、私は薬や
不妊治療を否定しているわけではないということです。

それで子供を授かる人たちもいます。
私自身、西洋医学や東洋医学の力による恩恵も受けてきてます。

冒頭で申し上げたとおり、そこに至る方程式は
人それぞれで、これが正解というものはありません。


***********************************************************

もう記憶が曖昧なのですがクロミッドテストから
卵胞がどのくらい大きくなったか確認するために
指定された日にくるように言われたのですが、私は
その日では遅すぎるように思いました。
そして指定された日より前に排卵したのを感じました。
敏感体質なので、排卵や生理前は子宮の動きで
わかってしまうのです・・・。

結局、エコーで調べましたが卵は全然ありませんでした。
もう排卵が終わってしまっていたのです。

私は二相にきちんとわかれていて低温期、高温期も
標準、だいたい28~30日周期できちんとリズムが
ありました。

それなのに誘発剤を使った後、乱れまくって3ヶ月
メチャクチャなグラフになってしまいました。

私のバイオリズムは狂いまくって、前よりも
妊娠の可能性が遠のく状態になってしまいました。

夫の反対を押し切ってこっそり薬を飲んだ罰のように感じました。

当然夫には延々お説教されました・・・。(´;ω;`)
あんなに反対して忠告したのに、無視したこと。

散々怒られました・・・。


おそらく、グラフがきちんとしない人、排卵が
不定期な人などはそういう誘発剤を使うのも有効なの
かもしれませんが、正常なリズムの人が使えば
狂ってしまうのではないか、と思いました。
少なくとも私の場合はそうでした。

しかも、わからなかったのでもう一度テストやり直しと
言われて「ええ~!!」と思わず叫んでしまいました。
そのくらい具合が悪くなるのです。
で、胸のあたりが苦しくなると伝えると、そんな副作用は
聞いたことがないが、心臓が苦しくなるだなんて言われたら
もう薬は出せない!と言われました。
これは一番軽い薬でそれから先はもっと強い薬を使うから
なにか万が一のことがあったら保証出来ない!これ以上の
治療は無理だからあなたはタイミング療法で行くしかないと
医者に拒否されてしまったのです。

最後に
あなたは妊娠できる体だ!そこは太鼓判を押すよ!!!
なんで出来ないのかわからないなあ。おかしいなあ。

と先生は首をかしげました。

そんなこと、私が聞きたいよ。

帰りの車の中で涙がこぼれました。
家に帰ってから大声で泣きました。

心の中で叫びました。

タイミング療法でずっとやってきて出来ないから治療をお願いしたのに!
どこへ行っても絶対に妊娠出来るって言われるけど出来ないものは出来ないし!!
どこをどう治せばいいかわからない!!!

誰か教えて!!!!!

流産以来の号泣でした。


八方塞がりとはこういうことを言うんだ・・・。
ぼんやり座り込んだまま、そう思いました。

もう最後の砦もなくなった。

そう思うとまた涙が出ます。

でも泣いてしまったほうが後はスッキリします。
気持ちも切り替えやすいです。
ずっと心の奥に自分の気持ちを封じ込めてしまうと、それはそれで
また心身のバランスを崩してしまうものだと思うので。

泣きたい時は泣く!
人前では我慢しても神様と自分の前では我慢する必要はないのです。


さて、3ヵ月経った頃、甥っ子を病院に連れていってほしいと義妹に
お願いされて一緒に行きました。
そこは保険内で買える漢方薬を使っている胃腸科のクリニックでした。

待ち時間の間、義妹がついでに私も先生に相談してみたら?と
言われて状態を説明しました。

そしたらホルモンのバランスを整える漢方薬を出してくれました。

それから見事にリズムが回復したのです!
漢方薬の力にすっかり魅了されてしまいました。
それより前に使ってた本格的な漢方薬よりも飲みやすく、
これなら問題ないように感じました。
そして正常に戻ってから漢方薬で不妊治療をすることになりました。

けれども夫はここでも反対したのです。
夫は長いこと健康産業で働いている&健康オタクなので、
普通の人よりもはるかに多くの知識と情報を持っているため
何をするにもいちいち意見してきます。

こうしてちゃんと結果が出てるし、知り合いにも漢方で妊娠した
人たちがいるんだし、なにが問題なの?と不満気に言いました。

「漢方だって薬です。西洋薬と一緒なの!副作用が出るの!」

と、言いました。
確かに薬の説明の紙には副作用って欄があります。
ありますがね。自然のものなんだし西洋薬よりはやさしいでしょ。
と、今回も私は夫の警告を無視してこっそり飲み続けてしまったのです。
(前回の教訓を忘れてまったく懲りてない私なのでした・・・。)

ホント、まったく不従順な妻でした。。。
書きながら最近も似たようなことがあったことを思い出し、冷や汗出てます。
私はどうも従順さが足りないようです。
今日から悔い改めよう。。。ヽ(´Д`;)ノ


話は戻って、とにかくですね、夫の警告は見事当たってしまったのです。

続きはまた次の記事で。


posted by otonomi at 09:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

通院履歴 その2

私は卵管造影検査を過去2回受けました。
ホルモン数値も。
そして異常なし。

2回目の時は夫も検査しました。
そしてそれもまったく問題なし。

それでも出来ないものは出来ない。

もう体外受精しかないだろう。そう思いました。
それでとにかくまずは相談を、ということで
新宿にあるクリニックへと夫婦で行きました。
成功率が高いと評判のクリニックのせいか、
まあびっくりするほど人、人、人。
夫婦で座っている人も多く、こんなにも多くの人が同じ
悩みを抱えてるんだな。。。と痛感しました。

とりあえずまた検査からってことで排卵近くの日に
来てください、で長時間待ったにも関わらず、
話はあっさり終わってしまいました。

家に帰ってから夫は「体外受精までする必要ある?」
って私に問いかけてきました。
そしてそれは反対だということも付け加えてきました。
もちろん子供は欲しいけど、そういう方法で子供を
得ようとするということに、自分は反対だ、というのです。

今思えば、本当にそれでよかったと思えるのですが、
その時は理解できませんでした。

それで私は意を決して病院の門をくぐりました。
夫が協力してくれないなら、自分の体をどうにかするしかない、と。
子供ができないということやいろんな要因が重なったせいか
私は排卵日近くになっても卵胞があまり大きく育たないという
状態になっていました。
その時は歳を取っていっているせいだ!と決めつけてたんですが、
振り返るとかなりの精神的なストレスがあったせいだと思います。

女性はストレスで体のバランスが狂いやすくなります。
生きてる以上、ストレスフリーになることはないと思いますが
気持ちをニュートラルに持ってくることはすごく大事なんだなと
実感しています。
ポジティブでいられたらなおいいですが。

ゆいとが出来る前には自分をそういう状態に持ってこれるように
なっていたので、バランスが取れてたのかもしれません。
この話はまた後日。

それで、また新しく探した病院で相談したところ、
クロミッドテストを勧められました。
不妊治療の第一歩で、クロミッドは排卵誘発剤です。

夫はそれを知ってものすごく反対しました。
薬を使えば副作用があるからです。
それは私もわかっていましたし、普段は全然薬摂らないんですが
本当に私の精神状態は崖っぷちに立ってる感じだったので、
出来ることはなんでもしたい!と躍起になってました。
夫の前で飲めないので、こっそり飲みました。
5日間くらいの服用だったでしょうか。
二日目あたりから異変が起きました。
心臓のあたりが苦しいのです。
副用後数時間は体がだるくて立っていられないほどでした。
この感覚は実は初めてではありませんでした。
実は不妊で悩んでたときに漢方処方してもらったものを
飲んでいた時も同じようなことがあったのです。
それよりもクロミッドのほうが症状はもっとひどかったですが・・・。

でも妊娠してわかったのは、つわりの時にまったく
同じ状態になったので、ホルモンが急激に動くと私は
こういう症状が出る、ということでした。
つわりは体が自然にそういう状態になるけれど、薬は
意図的に人工的にそういう状態を作り出すものなんだなと
理解しましたが、正直怖いなと思いました。

結局最後のほうであまり私が苦しそうにしてるから
薬飲んでたことが夫にもバレてしまいましたが・・・・
とにかくそのクロミッドテストの結果とその後については
次の記事で書きたいと思います。








posted by otonomi at 16:16| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。